6月22日(金)

ねぎは、白い部分を食べる根深ねぎと葉の部分を食べる葉ねぎがあり、昔から関東では根深ねぎ、関西では葉ねぎが好まれて、栽培されていました。
 愛知県は、根深ねぎの金長系と尾張地域特産の越津ねぎが栽培されています。越津ねぎは、葉と白い部分の両方とも食べることができ、煮ると甘みが強くでます。越津ねぎは津島市越津町が発祥のねぎです。
0622

6月21日(木)

21日(木)ごはん、牛乳、いわしのうめに、あげじゃがいものそぼろに、やさいのアーモンドあえ、はっこうにゅう
 梅の実が収穫する時期をむかえています。梅に含まれているクエン酸には、疲労回復や食欲増進、殺菌などの効果があます。夏にぴったりの果物ですが梅、熟していない青梅には生で食べると中毒を起こすことがあるので、梅干しや梅酒、ジャムなどに加工されます。
0621

6月20日(水)

20日(水)ごはん、牛乳、うめあじごはん、あいちけんさんだいずととうふのフライ、はなふのすましじる、ふくじんあえ(621キロカロリー)
 今日の揚げ物は、愛知県産大豆と豆腐のフライです。
 大豆は畑の作物ですが、愛知県では麦と同様に大半が水田で作付けされています。
 弥富市でも、たくさん大豆を作っています。
 愛知県では、「フクユタカ」という品種の大豆をたくさん栽培しています。
 フクユタカは、たんぱく質を多く含み、豆腐へ加工するのに適した品種です。甘みのあるおいしい豆腐を作ることができます。
0620

6月19日(火)

今日のスープの中に入っているモロヘイヤは、弥富市シルバー人材センターの方が作ってくださったものです。
 モロヘイヤは、カロチンや多くのビタミン類を豊富に含む緑黄色野菜です。特にカロチンはにんじんの約1.4倍も多く、ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄などが含まれる健康野菜です。エジプトでは昔から食べられていたようで、エジプトの王様がモロヘイヤのスープを食べて病気を治したそうです。
0619

6月18日(月)

今日の献立は、「ごはん、牛乳、三河赤鶏のチキンカツ、八杯汁、まぐろのふなみそ風、弥富育ちのとうもろこし」です。
今日は「あいちを食べる学校給食の日」。地元ではどんな食べ物がとれるのかな?どんな料理が食べられているのかな?給食から地元の食文化について学びましょう。
みなさんは「ふなみそ」という料理を知っていますか?昔、このあたりは川がたくさんあり、その川でとれた魚を食べて生活していました。冷蔵庫もない時代、たくさんとれたふなを長もちさせるために、ふなみそという料理が作られるようになりました。生のままではすぐに魚は腐ってしまいますが、こい味で甘辛く煮ることで、腐りにくく、おいしく食べることができます。
このように地元で昔から食べられてきた料理には、昔の人の食べ物を大切にする知恵がいっぱいつまっています。
感謝して食べ物を大切にいただきたいですね。
これで、今日の献立の紹介をおわります。
0618

6月15日(金)

今日の煮物は、親子煮です。鶏肉と鶏卵を一緒に煮て作ることから名付けられました。
 日本はイスラエルに次ぐ世界第2位のたまご好きの国民だそうです。日本人1人あたり1年間で約320個のたまごを食べているそうです。
 以前、たまごはコレステロールが高いとして敬遠されていましたが、卵黄に含まれているレシチンに血中コレステロールを溶かす作用があることから、健康な人であれば1日1個ぐらいなら心配はないといわれるようになりました。
0615

6月14日(木)

 わかめは日本全国で養殖されています。わかめの生産地としては東北地方のイメージが強いですが、愛知県でも養殖がさかんにおこなわれています。愛知県の主な産地は南知多町の師崎などで、冬になると漁港では収穫したわかめを干す風景がみられます。
 今日の汁物には、愛知県産の茎わかめがはいっただんごがはいっています。茎わかめは、わかめの葉を支えている真ん中の「芯の部分」のことです。コリコリした食感を味わうことができます。
0614