9月20日(木)

20日(木)ごはん、牛乳、ハヤシライス、イタリアンサラダ、てづくりプリン
今日のハヤシライスには、マッシュルームが入っています。
 マッシュルームというのは英語で、意味は「きのこ」です。なぜか日本では海外から入ってきたこの栽培きのこのことをマッシュルームと呼ぶようになりました。おそらくはアメリカなどから入ってきた時にそう呼ばれていたものをそのまま名称として使ったようです。
 日本では、主に千葉県や岡山県で栽培されています。
9/20

9月19日(水)

19日(水)ごはん、牛乳、かきまし、てりやきハンバーグ、とうがんいりみそしる、ジャーマンポテト
今日の給食は、海部の郷土料理「かきまし」です。「かきまわし」とも呼ばれます。混ぜご飯のことで、ご飯と具をかき回して作ることが、名前の由来になっています。お祭りやハレの日などの人が集まる時によく作られました。
9/19

9月18日(火)

日々の生活や運動などによってエネルギーを消費すると血液中に疲労物質である乳酸が残ります。お酢は、血液中にたまった乳酸を燃焼させ、炭酸ガスと水に分解することで疲労を改善する作用があると言われています。暑くて疲れがたまりやすい夏には、お酢を料理に上手に取り入れたいですね。
 今日の給食は、酢を使った“酢豚”です。
9/18

9月14日(金)

14日(金)りんご、パン、牛乳、じゃがいもベーコンやき、とうがんいりカレースープ、マンナンサラダ、フローズンヨーグルト
 今日のカレースープにはとうがんが入っています。
 「冬の瓜」と書く夏野菜の定番、とうがんは、冬まで貯蔵できる瓜とのことで、その名が付いています。
県内には古くから「早生とうがん」という在来品種があり、「あいちの伝統野菜」にも選定されています。果肉が厚く、貯蔵性に富むのが特徴ですが、実が熟すと表皮に粉をふくため市場流通は少なくなってしまいました。
9/14

9月13日(木)

13日(木)ごはん、牛乳、みそいかフライ、けんちんじる、しんこあえ
今月のねぎは、飛島村で作られたものです。今日は、中華スープの中に入っています。
 ねぎ独特のにおいのもと“硫化アリル”は、疲労回復の効果があります。また、神経をしずめるリラックス効果も期待できるそうです。
 にんにく、たまねぎ、にら、らっきょうなどもねぎの仲間で、いずれも“硫化アリル”を含んでいます。このような食材を上手に使って、暑い夏を乗り切りましょう。
9/13

9月12日(水)

12日(水)ちゅうかめん、牛乳、ひやしちゅうか(ぐ・たれ)、はるまき、れいとうみかん
 今日の給食は、“冷やし中華”です。
 今日の冷やし中華のタレは、給食室で作りました。中華麺と野菜がたっぷり入った具、タレをからめて食べましょう。
 冷やし中華は、日本各地で食べられている料理ですが、地域によって名前が異なり、北海道では“冷やしラーメン”、岩手県では“冷風麺”、関西では“冷麺”と呼ばれているそうです。
9/12

9月11日(火)

11日(火)ごはん、牛乳、さばのうめふうみやき、おやこに、ピリカラやさい、ひとくちゼリー(ぶどう)
今日の給食は、“さばの梅風味焼き”です。
 背の青い魚の煮物には、梅干しを入れるとよいと言われます。梅干しには、強い酸味があります。この酸味が背の青い魚のくせを取りのぞき、梅干しやしその香りをつけるので、食欲をふやす効果があるからです。
 ちなみに、梅干しが日本で食べられるようになったのは、鎌倉時代ぐらいからだそうです。戦国武将にとっては、今のような「おかず」ではなく、貴重な薬とされていたようです。
9/11