11月22日(金)

22日(金)ごはん、牛乳、鶏肉のレモン煮、けんちん汁、ほうれん草のごま和え
 
 けんちん汁は、神奈川県にある「建長寺(けんちょうじ)」のお坊さんが、精進料理のために作った料理です。「建長寺汁」から「建長汁」に変わり、現在の「けんちん汁」に変わったと言われています。いつものけんちん汁には鶏肉を入れていますが、今日は当時のように鶏肉を入れずに作りました。
RIMG0445

11月21日(木)

21日(木)ごはん、牛乳、鮭の醤油糀焼き、ブロッコリーのごまみそ和え、だし香るこんこん汁、蒲郡みかんゼリー

11月24日は「和食の日」です。和食は日本の自然や風土から生まれ、私たちが昔から受け継いできた食文化です。この和食の日にちなんで、今日の給食は、地元の旬の食材と、和食の基本「だし」を生かした和食献立になっています。
 和食にかかせないものといえば、主食の米です。秋は、お米も旬の時期をむかえています。給食のお米は、わたしたちの住んでいる地域でとれた「あいちかおり」という品種を使っています。
秋は魚のおいしい季節でもあります。秋の魚といえば「鮭」です。まさに今の時期に、北海道では鮭がたくさん水揚げされています。あぶらがのった鮭を、日本の発酵食品「しょうゆ麹」に漬けて焼きました。
1121

11月20日(水)

20日(水)照り焼きハンバーガー、牛乳、豆乳コーンポタージュ、アセロラゼリー
 
 今日は、照り焼きハンバーガーです。パンに、ハンバーグとキャベツをはさんで食べてください。
 ハンバーガーは、アメリカの料理です。発祥の説はいろいろありますが、1904年にアメリカで開催された万国博覧会で、丸いパンにハンバーグを挟んだものを「ハンバーガー」として売り出したのがきっかけだと言われています。
1120

11月19日(火)

19日(火)ごはん、牛乳、いわしの梅煮、肉じゃが、小松菜とハムの和え物

 いわしは、漢字で書くと魚へんに「弱い」と書きます。いわしは体が15センチほどの大きさで、海の中では大きな魚に食べられてしまうような小さな魚です。また、身も骨も比較的柔らかく、漁師さんが釣り上げた後も傷みやすいために、このような名前がつけられたのでしょう。しかし、いわしにはビタミンやカルシウムなどの栄養が豊富です。しっかり食べましょう。
1119

11月18日(月)

18日(月)ビビンバ、牛乳、春雨スープ、ヨーグルト
 
 ビビンバは韓国の料理で、日本語に訳すと「混ぜご飯」という意味です。今日の給食のビビンバの具は、肉、卵や、ほうれん草・もやしなどの野菜ですが、本場の韓国では、甘辛い味の味噌やコチュジャン、キムチなどを入れるそうです。
1118

11月15日(金)

15日(金)わかめごはん、牛乳、れんこんとレバーのみそがらめ、沢煮椀

レバーには、ビタミンAや鉄分がたくさん含まれています。鉄分は、血液の中の赤血球の成分のひとつです。赤血球は酸素を全身に運ぶ仕事をしているため、体の鉄分が不足すると貧血になります。成長期であるみなさんは、鉄分が不足しやすい時期です。
今日は、揚げたれんこん、鶏肉と一緒に、味噌で絡めて食べやすくしました。チャレンジして、食べてみてくださいね。
1115

11月14日(木)

14日(木)オムライス、牛乳、ポトフ、あいちのメロンゼリーポンチ
 
愛知県でのメロンの栽培の歴史は古く、明治時代には試作が始まっていました。現在では東三河地域を中心に大産地が形成され、全国第7位の生産量を誇っています。
今日のゼリーポンチには、愛知県産のメロンの果汁からできたメロンゼリーが入っています。
1114